まめネットでつながるわっ!!

しまね医療情報ネットワーク協会では、皆さまへのより良い医療の提供を目的に、患者さんの診療情報を地域の医療機関で共有する仕組みづくりを行っています。
そこで生まれた、しまね医療情報ネットワークまめネット
これにより、皆さまに「より安全と安心な医療サービス」が提供できるものと確信しています。

まめネットでなにがつながるの?

まめネットは医療機関を相互につなぐ医療情報ネットワークです。

まめネットに接続する島根県内の各医療機関では、患者さんの同意の下、診療情報等を閲覧することができるようになります。(これを「連携カルテ」と呼びます。)

これまで複数の医療機関に分散されていた患者さんの医療情報を連携カルテとして共有することで、診断や治療、調剤などを行う際により正確な診断、安全な処置などができるようになります。

医療機関同士がまめネットでつながることで、患者さんとの安心の輪が広がります。

どんなメリットがあるの?

連携カルテを利用することで各医療機関は患者さんの受診歴や病歴など最新の状況をスピーディーに把握できるようになります。

この連携カルテを中心に、連携パス、画像診断などの様々な機能を活用して、一人の患者さんを複数の医療機関が受け持つ、いつでも・どこでもより安心で安全な医療サービスにつながっていくのです。